幕張耳鼻咽喉科 千葉市花見川区幕張町 (耳鼻科・耳鼻咽喉科・アレルギー科・いびき・睡眠時無呼吸・鼓膜形成・日帰り手術・副鼻腔内視鏡手術・レーザー手術)
HOME
お知らせ
診療時間
施設案内
アクセス
院長紹介
耳鼻咽喉科の病気
日帰り手術
睡眠時無呼吸症候群、いびきのページ
鼻手術とCPAPのページ
お問い合わせ

千秋双葉会

医師募集

看護師募集

白梅会グループ
理事長の兄が運営する
医療、介護グループです。

インターネット予約

医療法人社団 千秋双葉会が運営するクリニック

北習志野耳鼻咽喉科

東京シティクリニック品川

東京アーバンクリニック五反田

茗荷谷キッズクリニック

茗荷谷耳鼻咽喉科

東京シティクリニック三田

東京シティクリニック両国

耳鼻咽喉科セントラルパーク中野

幕張キッズクリニック

しんふなキッズクリニック

亀戸キッズクリニック

みさと中央耳鼻咽喉科

両国耳鼻咽喉科

浦安耳鼻咽喉科

日本橋茅場町耳鼻咽喉科

大島耳鼻咽喉科

双葉耳鼻咽喉科医院

498672


こんにちは 幕張耳鼻咽喉科です

どなたであっても来てよかったと思っていただけるような医院になるようにこころがけております。
レーザー手術, 内視鏡下副鼻腔手術、鼓膜形成術等日帰りでできる手術、いびきなどの睡眠呼吸障害に対する診療などの専門医院としての機能の充実に努め、地域医療を担えるようスタッフ一同精進しております。
どうぞお気軽にご相談ください。

お知らせ

2018.11.16

お知らせ

受診して下さる患者さんの増加に伴い、お待たせする時間が長くなって申し訳ありません。

医療の質を落とさないためにも、

11月17日、24日、12月8日、15日、22日の土曜日の午前中は、院長と応援医師2名体制で診療させていただきます。

何卒宜しくお願いいたします。

2018.11.5

スギ・ヒノキ花粉症に対するレーザー治療の予約受付中です。

★★例年かなり予約が混みあいますので早めにご予約をお願いいたします。★★

花粉症には飛散期前の予防的レーザー治療が有効です。
レーザー治療をすることによって、アレルギーの原因となるスギ花粉抗原が鼻粘膜に侵入するのを予防したり、鼻粘膜の反応が弱くなったりします。

特に毎年症状が強い方、薬を飲むと眠くなる方、妊婦、授乳婦のかた、花粉シーズンに受験を予定されているかたにはお勧めです。2月中旬までにレーザー治療をすませておくことが重要です。

よくある御質問
Q1:初診でもその日にレーザー治療が可能でしょうか? 
A1:原則として一度受診していただき、診察の上、予約を取っていただきます。過去当院でレーザー治療を受けたことがある方は、電話でも予約をお受けいたします。まずは電話にてお尋ね下さい。

Q2:費用はどのくらいかかりますか? 保険診療です。レーザー治療費は両側で29,100円(保険点数2,910点)ですが、 健康保険が適応され、3割負担の方は8,730円となります。

Q3:実際にどのようにおこなうのですか?
A3:左の日帰り手術の「アレルギー性鼻炎のレーザー治療」をご覧下さい。

2018.9.29

インフルエンザ予防接種開始致します。

10月よりインフルエンザ予防接種を開始いたします。

料金  大人 3500円
     子供      1回目  3000円
     (12歳まで) 2回目  2000円
※13歳以上の方で2回目の接種ご希望の方は、申し訳ございませんがお断りさせて頂いております。

時間  【午前】 9:00〜12:00まで
【午後】14:30〜18:00まで (土曜日午後はなし)

予約制ではありません。
上記時間までに院内にお越しください。
時間までに院内にいらっしゃらない場合はお受けいただけません。

   
☆e-net受付もご利用いただけます。

インフル予防接種、診察と予防接種のどちらかを選択して下さい。
順番が来ていなくても時間までに必ずお越しください。

2018.9.11

インフルエンザで学級閉鎖

江戸川区でインフルエンザによる学級閉鎖がおこっています。
ワクチン接種の予約は早めにお願いいたします。

インターネット予約

問診票ダウンロード

初めての方はこちらから問診票をダウンロードしていただき、ご記入の上、ご来院ください。

問診票PDFダウンロード

問診票WORDダウンロード

facebookページ開設しました

いびき治療センター

いびきがひどく、睡眠時無呼吸症候群になり放置しておくと徐々に悪化する傾向が強く、右心不全、不整脈、肝機能障害、多血症など重篤な合併症を・・・・
  
日帰り手術

日帰り手術とは入院をしないで行う手術のことです。以前は、例えば慢性副鼻腔炎の手術では約2週間の入院が必要とされていました。しかし、内視鏡やレーザーなどの手術支援機器の開発、診断・治療技術の進歩により、限られた症例では日帰り手術が可能となりました。